つなぐのは、誰かが誰かを想うキモチ。 | ツナガリ、ツナグ。GAIKAN(外環) | NEXCO東日本
つなぐのは、誰かが誰かを想うキモチ。 つなぐのは、誰かが誰かを想うキモチ。

つなぐのは、
誰かが誰かを
想うキモチ。

introduction introduction

  • introduction
  • introduction
  • introduction

新たに開通した東京外環自動車道(GAIKAN)の三郷南IC〜高谷JCT付近を舞台にしたオリジナルアニメーション。この地域で暮らす花屋の青年と密かに彼に思いを寄せる女性、そして青年の師匠の男性。それぞれにそれぞれを想い合いながらも微妙にすれ違う3人。GAIKAN三郷南IC〜高谷JCTが開通する前後に起こる出来事を通じて、3人の想いがつながっていくハートウォーミングストーリー。

movie movie

  • 本編
  • WEB CM
  • スピンオフ

story story

高谷JCT近くの花屋で働く崇は、訳あってひとりで船木庭花店を任されている。いつものように近所の病院へ鉢植えを届けに。そこには、密かに崇に好意を寄せる看護師の彩も働いていた。彩は週末の病院でのイベントにさりげなく崇を誘ってみるが、崇は素っ気ない態度で17時になるといつも三郷へと向かっていく。実は三郷には崇の師匠である大二郎がいた。ある事をきっかけに大二郎に気をつかう崇、そして崇の気遣いを気にかける大二郎。二人の関係を知らずに崇に想いを寄せる彩。ある日、そんな3人がひとつの出来事に巻き込まれていく。

  • story
  • story
  • story

character character

  • 岸本崇(きしもとたかし)

    岸本崇(きしもとたかし)

    千葉県市川市高谷で生まれ、地元の高校を卒業し北海道の大学で農業を学び、高谷に戻ってきた。幼い頃から庭木や花が好きで、造園も請け負う船木庭花店に就職。庭木の手入れなどの修行をしていたが、ある出来事の後、ひとりで店を継ぐことに。朴訥とした風貌で口下手だけど、心優しい青年。

    志尊淳

    志尊淳

    1995年3月5日 東京都生まれ
    俳優として映画やドラマで活躍中。
    CX「きみはペット」、NHK「女子的生活」、NTV「トドメの接吻」、映画「帝一の國」、映画「探偵はBARにいる3」、舞台「春のめざめ」等に出演。
    現在NHK連続テレビ小説「半分、青い。」出演中。
    主演映画「走れ!T校バスケ部」が今秋公開予定。

  • 本城彩(ほんじょうあや)

    本城彩(ほんじょうあや)

    東京出身で高谷にある総合病院に看護師として就職。仕事の関係で全く縁のなかった場所に住むことになったが、人情が色濃く残る高谷のことが大好き。明るくて誰に対しても気さくな人柄で患者さんからも人気。病院に飾る鉢植えを配達に来る崇のことが少し気になる様子。

    川栄李奈

    川栄李奈

    1995年生まれ 2010年デビュー
    2015年より本格的に女優業をスタートし、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」や、映画「亜人」等に出演。
    4月からTBS「A-Studio」サブMCとしてレギュラー出演中。
    今年8月には映画「センセイ君主」、NHK総合ドラマ「夕凪の街 桜の国 2018」に出演予定。秋には初主演作の映画「恋のしずく」が控える。

  • 船木大二郎(ふなきだいじろう)

    船木大二郎(ふなきだいじろう)

    妻と一緒に始めた造園業も営む船木庭花店の先代。腕のいい庭師として地元にも愛されていたが、その後、訳あってお店を崇に引き継いだ。主に生花を担当していた妻が2年前に亡くなり、現在は埼玉県三郷にある一軒家に独りで暮らす。人情に熱く、昔気質で男気ある親分肌。

  • 金尾哲夫

    金尾哲夫

    1950年9月29日 東京都生まれ 劇団昴所属。
    舞台や吹き替え作品で活躍中。
    舞台出演として、「ジュリアス・シーザー」「ラインの監視」(劇団昴公演)、声の出演として、「ゲーム・オブ・スローンズ」(海外ドラマ)、「バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生」(映画)、「舟を編む」(アニメ)などがある。
    現在、EX「仮面ライダービルド」にブラッドスターク(声)として出演中。

SONG SONG

松任谷由実

1954年生まれ。シンガーソングライター。
1972年、多摩美術大学在学中にシングル「返事はいらない」で荒井由実としてデビュー。
以降、“ユーミン”の愛称で親しまれ、J-POPシーンの女性トップランナーとして、数えきれないほど多くの名曲を残す。
オリジナルアルバムは、荒井由実、松任谷由実時代とあわせて、これまでに全38作品を発表。
デビュー45 周年にあたる今年、2018年4月11日、ベストアルバム二部作完結編として「ユーミンからの、恋のうた。」をリリース。

NexTone利用許諾番号:AD000000080

MAKING MAKING

  • アニメーションムービーのアフレコ収録は4月中旬、都内のスタジオにて実施。お二人とも監督からの指示を真剣な表情で聞き、細かいニュアンスなどをメモする姿が印象的でした。志尊さんはアニメのアフレコ初体験とは思えないほど自然に演じられていました。アニメの声優経験のある川栄さんは、吹き込むタイミングも手慣れた様子でスタッフも思わず聞き惚れてしまいました。